雖然這跟我以為的歷史不太一樣

不過把噗醬設定成弟控還是太好了O_Q

歌詞內詳~~


らくえん  かた   おう  もと   きんだん   ほうど  て くわ
楽園 を 騙  る 王  の 下  で  禁断  の 邦  土に手を 加 えて
おご   ふそん くに    な   つもり
驕  れる 不遜 な大国にでも成った心 算  なの……

ケーニクライヒ プロイセン
Königreich    Preußen

ほうかい そ   はら  つづ   きけん
  崩壊  其れは 孕  み 続  けた 危険
るろう  えいへい リッター  ゆめ
流浪  の 鋭  兵   騎士  の記憶

われわれ  あんねい  みちび   せいせん
「 我々  を 安 寧  へ 導   ける 聖戦   は
あわ    たましい  じゃしん   と  はな
憐  れなる 魂    を 邪 神  から解き 放  つ
いきょう  もと   しゅうと  ばつ  あた
異教   を 求  める 宗   徒に 罰  を 与  えよう」
   それ  げきこう  も   ぎんいろ  きらめ
『Katzbalger』は激 昂  に燃えて 銀 色  に煌   いた…

れいり    さ  き   つめ   かくしょく  め
怜  悧なまで醒め切った冷  たい 赫  色  の眼
じゅうじ  か   ひがんとわ  とど      まえ
十  字 に懸けた悲願 永久に届  かなくなる 前  に…

  ああ  なぜいま   むく           けんしん
「嗚呼…何故 未  だ 報  われない?こんなにも 献身   しているのに」
なみだ  じひ  す  づ  よ   シュヴェーァト  にぎ
涙   も慈悲も捨て詰め寄る 剣   を 握  って…

せいとう    クロイツ
征  討  の 十字

     らくえん  きづ
「さぁ… 楽園    を 築  くのだ、プロイセン…」

いんが  そ  うらめ で  いと
因 果  其れは裏 目に出た意図
えいこう  せいすい ケーニクライヒ ゆめ
栄 光  の 盛 衰  王国     の記憶

そくい    ひと どろ ぬ  おうじゃ
即 位したその女帝に泥 を塗った王 者
ぜ こ  ぐんぜい しんこう   きょうき
攻め込んだ軍 勢 は侵 攻 という驕  気
ふさわ  ぶたい  は    じこけんじ
相応 しい舞台 へと羽ばたける自己顕示
な わた けんげき ばんこう   きょうき
鳴り渡 る剣 戟 は蛮 行 という狂  気

けっき とき むか    ひず くに りそう
決 起の時 を迎 えた 歪 な 国 の理想
どんよく こころおさ       ひきば む
貪 欲 な精神 抑 えきれず あの日牙 を剥いた…

ほっ   ほっ  ほどお   ゆる   おもい や
欲 すれば欲 する程堕 ちる 赦 されぬ野心 に灼かれながら
かさ  つみ ふか くら  はめつ いさ
重 なる罪 は深 く昏 く 破滅 へ誘 う…

たいはい  シュタット
退 廃 の 国家

ていこく はじ
「さぁ…帝 国 の始 まりだ、プロイセン…」

  ねん プロイセンオーストリアせんそう
1866年 普 奥 戦 争
なら ねん プロイセンフランスせんそう しょうり
並 びに1870 年 普    法   戦 争 に勝  利
よくねん がつ にち      きゅうでん 
翌 年 1 月 18 日  ヴェルサイュ宮  殿 における
くんしゅ たいかんしき
君 主 の戴 冠 式
すなわ  ライヒ
即  ち【帝国誕生】

かぎ   とういつ ちかづ   ていこく きょうふ  に えいこう
限 りなく統 一 に近付 ける 帝 国 は恐  怖にも似た栄 光
もと  まま けんせい うば さ  すこ   おうこく わす
求 める儘 に権 勢 を奪 い去り 少 しづつ王 国 を忘 れてゆく
とも ゴットミットウンスとな   ひび あ
共 に国家標語     唱 えれば響 き合う
いじょう
けれどそれ以上  には…

らくえん  かた   おう  もと   きんだん   ほうど  て くわ
 「楽園 を 騙  る 王  の 下  で  禁断  の 邦  土に手を 加 えて
おご   ふそん くに    な   つもり
驕  れる 不遜 な大国にでも成った心 算  なの?」か……

あ  ひ えいこう おうこく すうせい き   まま さいご
在りし日に栄 光 た王 国 は趨 勢 に消えゆく儘 に最 期
せいねん おとうと ほほえ   らくえん き
青 年 は弟   に微笑 む 「楽 園 を築くんだ」...

ケーニクライヒ プロイセン
Königreich    Preußen

カイザ おうざ うえ ふか ためいき つ
皇帝 は王 座の上 で深 い溜 息 を吐く
いただ      おうかん むな  ひか
戴  いたばかりの王 冠 が虚 しく光 った

かれ じゅうしゃ せいねん しせん む
──ふと彼 が従  者 の青 年 に視線 を向けると
ああ いつ ま  せいねん はいご  しゃよう かげ せま
嗚呼…何時の間にか青 年 の背 後には斜 陽 の影 が迫 っていた─



我參考的是梨人桑的版本標音
【ニコニコ動畫】【ヘタリア】A/r/kでプー【歌ってみた】
嘛啊嘛啊 排版好麻煩 我要裝死啦~~

helen112986 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()